2010年12月19日

Wizardry日記7〜9日目

道彦(戦士)
「今日は、幽霊のマーフィーさんに御指導願おうかと思う。」
シフォン(魔術師)
「大丈夫なんですか?道順とか」
道彦(戦士)
「道順は、分かっている。大丈夫だ。」
ゆき(盗賊)
「宝箱は、出るんですかぁ。」
道彦(戦士)
「……。基本、出ないと聞いている。
他に、質問は?」

ふるふる(首を横に振る。)

道彦(戦士)
「じゃあ、いくか!」
パーティー全員
「おう!」

ワープを通り抜ける。

イサヲ(侍)
「うを!
小便チビるかと思ったゼ!」
ゆき(盗賊)
「イサヲもか!?」
イサヲ(侍)
「思っただけだけどな。」
ゆき(盗賊)
「ぬぬぬぬぬ……。」
バニラ(戦士)シフォン(魔術師)
「ゆきちゃん、まさか……。」
ゆき(盗賊)
「ちょっと…だけ。」

パーティー全員
「……………。」

道彦(戦士)
「ほらほら、いくぞ!」


キィーン!
ガッ!ガッ!
ザーッ!

戦闘終了。

イサヲ(侍)
「ハァハァ………。
なかなか、きついなぁ。」
道彦(戦士)
「まぁな、だが、ここで踏ん張れば結構な経験が入る。頑張れ。」

あやめ(僧侶)
「バニラちゃん、軽い傷ばかりたくさんどうしたの?」
バニラ(戦士)
「あやめお兄ちゃ〜ん、グスン。」
シフォン(魔術師)
「バニラちゃん、敵さんにお尻ばかり狙われていたみたい。」
あやめ(僧侶)
「へ………。(°°;)」
ゆき(盗賊)
「あやめ君、向こうの2人は、無傷みたいだよ。」
あやめ(僧侶)
(イサヲ兄さんと同じ、変態さんか……。参ったなぁ。)

イサヲ(侍)
「おーい、終わったか?また、いくぞ!」
バニラ(戦士)
「……。」
シフォン(魔術師)
「私、バニラちゃんだけを援護するわ。頑張りましょう。」
バニラ(戦士)
「……うん。ありがとう。」

にほんブログ村 イラストブログ ファンタジーイラストへ   ブログランキング・にほんブログ村へ  



posted by 戌風 at 14:37 | Comment(0) | Wizardryプレイ日記 | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

Wizardry日記6日目−2

ボルタック商店。
いがみ合うイサヲ(侍)と道彦(戦士)。
同行者に、あやめ(僧侶)とゆき(盗賊)。

イサヲ(侍)
「いい加減にしろよ!」
道彦(戦士)
「私はな!このパーティーを思って言っているんだ!」

道彦(戦士)
「もう、悲しい思いはしたくないんだよ。」
イサヲ(侍)
「……。分かったって。
あーのぉ、おっちゃん!」

道彦(戦士)
「分かってくれればいいんだ。
で、何の鎧にしたんだ?」
イサヲ(侍)
「エーと、『プレートメイル+1』だとよ。」
道彦(戦士)
「プレートメイル+1かぁ。それは、私も、目を付けていたんだ。
ハハハハ、お揃いだな。」
イサヲ(侍)
「あ、おっちゃん、これ、ちょうだい。」
店員
「ついているね!最後の一つだよ。」
道彦(戦士)
「へ、ちょっ………。」
イサヲ(侍)
「へ〜、ラッキー!」
あやめ(僧侶)
「道彦さん……。」
イサヲ(侍)
「お〜い、あやめ!
酒場にいくぞ!早くしろよ!」
あやめ(僧侶)
「は、はい!
スミマセン。道彦さん!」
道彦(戦士)
「…………。
あの〜、プレートメイル+1の入荷予定はないですか?」
店員
「悪いなぁ。無いわ。」

道彦(戦士)の肩を軽く叩くゆき(盗賊)。

ゆき(盗賊)
「なぁーに、宝箱があるって!」

にほんブログ村 イラストブログ ファンタジーイラストへ   ブログランキング・にほんブログ村へ  



posted by 戌風 at 11:46 | Comment(0) | Wizardryプレイ日記 | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

Wizardry日記6日目−1

懲りずに、今日も宝箱の罠に引っかかっているゆき(盗賊)。
また、仕事が増えたなと、渋い顔をするあやめ(僧侶)。

あやめ(僧侶)
「そうだ、イサヲ兄さん。
いつも負傷しているけど、そろそろ防具を替えた方が良いんじゃないですか?」
イサヲ(侍)
「あん?」
あやめ(僧侶)
「ケガも減れば、色んな意味で気が楽になるんですけど。」
イサヲ(侍)
「それって、鎧を替えろって事だろ。」
あやめ(僧侶)
「そうです。」
イサヲ(侍)
「ヤダ。」
あやめ(僧侶)
「エー、なぜ?
プレートメイルを買うお金ぐらい有りますよ。」
イサヲ(侍)
「そのプレートメイルがヤなの。」
あやめ(僧侶)
「もう〜。だから、なぜ?
…って……、まさか?」
イサヲ(侍)
「だって、あんなんだぜ。」

道彦(戦士)を指差して

イサヲ(侍)
「ダサいじゃん。」

顔を真っ赤にして、こちらに向かって来る道彦(戦士)。

道彦(戦士)
「貴様ー!黙って聞いていれば!」
イサヲ(侍)
「だってよー!侍らしくないじゃん!」
あやめ(僧侶)
(きたー!形から入る性格!)

睨み合う、イサヲ(侍)と道彦(戦士)。

道彦(戦士)
「だいたいな!貴様は迷宮探索を何だと思っている!
毎回、小さな冒険者を見れば
『幼女たん、幼女たん』と
騒ぎまくって!」
イサヲ(侍)
「幼女たんのどこがいけないんだ!」

パーティー全員、近くにいた他のパーティーまでが注目する。

道彦(戦士)
「い、いけないとか、そう言う事を言っているんじゃなくてだな!」
さらに、赤面する道彦(戦士)。

バニラ(戦士)ゆき(盗賊)シフォン(魔術師)
「どうかしたの?」
道彦(戦士)
「とにかく!」
イサヲ(侍)
「なんだよ。」
道彦(戦士)
「あやめ君、治療は終わったかい?」
あやめ(僧侶)
「あ、はい!そろそろ、宿屋で魔力を回復しないとまずいです。」
道彦(戦士)
「じゃあ、みんな帰ろう。」
イサヲ(侍)
「おい!道彦!逃げんのかよ!」

小声で
道彦(戦士)
「場所を変えるんだ!馬鹿者!」

続く。………続いちゃうの?

にほんブログ村 イラストブログ ファンタジーイラストへ   ブログランキング・にほんブログ村へ  



posted by 戌風 at 11:51 | Comment(0) | Wizardryプレイ日記 | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

Wizardry日記5日目

今まで、入口付近だけで戦闘をしていた6人。
今日は、少し遠出をしている。
数回の戦闘で、皆、多少のケガを負っているが気持ちだけは前向き。
そう、あいつが、あーしてこーしてあーならなければ…。

あの時は、確か、人型のモンスターとの戦闘の後。
倒したモンスターが宝箱を持っていた。
いつもは、気にもしない盗賊のゆきが、目を輝かせる。

ゆき(盗賊)
「今回は、開けてみようかな?宝箱。」

一斉にゆきを見る仲間達。

イサヲ(侍)
「オメー、宝箱、開けた事あんのかよ!?」
ゆき(盗賊)
「エーとね…。」
パーティーの皆
「…………。」
ゆき(盗賊)
「ダンジョンでは、一度も、開けた事無いヨ!」
パーティーの皆
「!!!!!」
ゆき(盗賊)
「大丈夫!大丈夫!訓練所で、誉められていたから!」
バニラ(戦士)
「でもね。ゆきちゃん…。」
ゆき(盗賊)
「大丈夫!はい!プリーストブラスターだよ。」
あやめ(僧侶)
「え………。」
ゆき(盗賊)
「ここで、チョイチョイと罠を外すから…。」

シュッ。

ゆき(盗賊)
「アレ?」
シフォン(魔術師)
「毒針ね」
ゆき(盗賊)
「はわわわわ……」

バタッ

バニラ(戦士)
「ゆきちゃん!」

まさか、宝箱を相手にするとも思っていなかったから、解毒薬など用意してい無い。
ましてや、レベルの低いパーティーにラテュモフィス(解毒)など使える奴もいない。
あやめ(僧侶)
「スミマセン。レベル低くて……」

ともかく、一歩一歩慎重に歩き、ディオス(回復)と回復薬を併用して、なんとか、ゆき(盗賊)を酒場まで連れて行った。

ゆき(盗賊)
「イヤー、参ったヨ!でもね。運がいいから、戻ってこれたヨ!」

パーティーの皆
(おまえ〜)

にほんブログ村 イラストブログ ファンタジーイラストへ   ブログランキング・にほんブログ村へ  



posted by 戌風 at 22:47 | Comment(0) | Wizardryプレイ日記 | 更新情報をチェックする

2010年11月30日

Wizardry日記四日目

さぁ、迷宮探索にゴウ。

メンバーは、
道彦(戦士)
イサヲ(侍)
バニラ(戦士)
あやめ(僧侶)
以前、「司祭」なんて書いたけど、嘘。だいたい、「司祭」なんて無いし(^_^;)
ゆき(盗賊)
シフォン(魔術師)
の、6人です。
(キャラの元はこちら。そのうち、Wizardry用のキャラ設定を作るつもり。)

で、まずは、地下一階入口付近でチマチマと戦闘。
意外にバニラ(戦士)が強かったかな。

にほんブログ村 イラストブログ ファンタジーイラストへ   ブログランキング・にほんブログ村へ  



posted by 戌風 at 21:34 | Comment(0) | Wizardryプレイ日記 | 更新情報をチェックする